• ホーム
  • 早漏におすすめ、プリリジーの特徴

早漏におすすめ、プリリジーの特徴

早漏に悩んでいる男性も多いですが、そのままにして治療をしないでいるとパートナーにも迷惑がかかり、関係もぎくしゃくしてしまいがちです。
早漏を治療する方法はいろいろありますが、トレーニングなどでも改善しない場合は、治療薬を服用する方法もあります。

早漏の改善に効果的な治療薬というとプリリジーがありますが、いくら効果的とはいえ自分にあわないケースもあるので、プリリジーの特徴をしっかり確認することが大事です。
よく確認しないでプリリジーを服用してしまうと、副作用がおこりトラブルに巻き込まれるので気をつけてください。

プリリジーは世界中で人気の治療薬ですが、臨床実験により安全性も確認されています。
日本国内ではまだ未承認ではありますが、2012年からプリリジーの輸入が開始されることとなり、専門のクリニックでは欠かせない治療薬として人気です。

プリリジーの特徴はダポキセチンを有効成分としていて、セロトニンの再取り込み阻害薬になります。
セロトニンは性的な刺激に対して、興奮が過度に伝わらないようにする働きがあるので、性的な興奮がすぐに伝わってしまい、射精を我慢できない早漏の改善にかなり効果があるというわけです。
早漏の男性は特にセロトニンの不足が原因となるので、セロトニンの分泌を増量させる効果のあるプリリジーが最も有効とされています。

プリリジーをいつ服用すればいいのかわからないという人もいるでしょうが、性行為の1~3時間くらい前にぬるま湯で服用すると効果がでやすいです。
バイアグラやシアリスなどのED治療薬と併用するとより効果がでやすいとされています。

食事の影響も受けにくいので、自分の好きなタイミングで服用するといいでしょう。
短時間で薬が効き始め、24時間以内に成分が体外に排出されるので、身体へ害が出ることはありません。
主な副作用としては、頭痛やめまい、吐き気や下痢などがありますが、副作用の発生確率はきわめて低いので安全です。

プリリジーの主成分ダポキセチンはEDにも効果的

早漏の男性はEDも併発する人が多く、早漏と同時にEDに苦しむ人も多いです。
ブリリジーの主成分のダポキセチンは、射精時間を延ばすので、早漏改善だけでなくED改善にも十分効果があります。
早漏と同時にEDを併発する男性も多いですが、ED治療薬とブリリジーを併用することで、二つの悩みを同時に改善することができます。

ブリリジーは安全な薬ですが、中には併用することで重度の被害が出ることもあるので気をつけてください。
狭心症や心筋梗塞などの疾患を持っている人や、てんかん発作などの危険性がある人は、今服用しいている薬とブリリジーを併用すると危険です。
自分で勝手に判断しないで、必ず主治医に相談してください。
他にも疾患を治療中の人で、薬を服用している人はブリリジーを使用しても大丈夫か主治医に相談することが大事です。

内服薬を苦手としている人もいますが、そんな人はブリリジーと陰茎に直接かけることができる早漏防止スプレーを併用することで、射精時間を大幅に伸ばすことができます。

スーパーPフォースも早漏防止薬として人気が高いですが、ED治療薬としても効果的です。
スーパーPフォースの主成分にはダポキセチンと、シルデナフィルの成分が配合されているので、早漏改善とED改善が一つの薬で効果がでます。

スーパーPフォースを服用した早漏患者の射精時間が3~4倍に増えたという結果や、射精した後のペニスの回復力も早く、複数回の性行為を楽しめたという人も多いです。
スーパーPフォースの効果的な飲み方ですが。
性行為の一時間くらい前に飲むと効果がでます。
食後や飲酒後に服用すると効果がでにくいこともあるので、食後3時間たってからや空腹時に服用するとより効果的です。