• ホーム
  • 女性用バイアグラ、ラブグラの有効成分

女性用バイアグラ、ラブグラの有効成分

バイアグラというと男性が勃起力を高めるために服用するイメージが強いですが、実は女性用バイアグラも存在しています。
性行為をするときに、あまり気持ちいいと感じなくて困っている女性は少なくありません。
感度を高めるために努力しても、思うような効果が出ないことは意外と多いものです。
そのようなときに、感度を高めてくれる女性用バイアグラが役に立ちます。

性行為をするときの感度が悪い原因は、簡単に特定することができません。
なぜなら1つの問題だけが原因となっているわけではなく、複数が絡み合っているからです。
たとえば精神的に疲弊しているとき、ストレスが溜まっているときなどに感度が悪くなります。
しかし、精神的な問題やストレスの悩みと関係ない不感症のケースもあるため厄介です。

性行為の相手に原因があるケースも少なくないのですが、女性の側に原因が隠れていることもあります。
たとえば膣分泌液が減少していて、男性器を挿入するのが苦痛に感じられる場合です。
膣分泌液が減少して性行為を苦痛に感じてしまうと、次に性行為をするときにも同じような状態になりやすく、いつまでも不感症が続くことになります。

女性用バイアグラには複数の種類がありますが、もっとも多くの女性が服用しているのはラブグラです。
ラブグラにはクエン酸シルデナフィルという成分が配合されています。
クエン酸シルデナフィルは男性が服用するバイアグラと同じ成分ですが、女性用バイアグラの成分としても効果が期待できるのです。

自分が不感症だと認識していると、必要以上に不安が高まってしまい、性行為がますます苦痛なものになります。
早い段階でラブグラを服用し、余計な不安を払拭することが大切です。
性行為で失敗してトラウマを抱えてしまうのは男性に多いですが、女性であってもトラウマになることはあります。
ラブグラを服用すると、膣分泌液の分泌量を増やしたり不感症を改善させたりする効果に加え、トラウマやストレスを軽減させる効果も期待できるのです。

女性用バイアグラ、ラブグラの効果的な服用方法

女性用バイアグラのラブグラを服用するときに、気をつけなければならない点があります。
それは、一般的なサプリメントと同じように服用してはならない点です。
女性用バイアグラという分類になっていることからも分かるように、ラブグラは医薬品として販売されています。
正しく服用していないと、効果が期待できなくなるどころか、さまざまな副作用が生じる可能性もあるのです。
不感症を改善させたくて服用するのに、副作用に悩まされてしまうのでは本末転倒だといえます。

ラブグラの効果を最大限に引き出すためには、服用するタイミングを間違えないことが最重要です。
不感症を改善させる目的で服用するものなので、性行為よりも前に服用するのは当然だといえます。
しかし、性行為の前であればいつでもよいわけではありません。
ラブグラの成分が体内に吸収されるまでには一定の時間がかかるため、性行為の直前では意味がないのです。
膣分泌液の量が少ないまま性行為をすることになり、不感症にとどまらず、強い痛みを感じることもあります。

男性用バイアグラも女性用バイアグラも、食事との相性は良くありません。
空腹の状態で服用するようにしないと、成分が効率よく体内に吸収されないのです。
食事を済ませてからラブグラを服用してしまうと、スムーズに吸収されないため、本来の効果が発揮できなくなります。

ストレスが溜まっていてアルコールを飲む機会が多い女性もいますが、アルコールを飲んだ状態でラブグラを飲むのも好ましくありません。
性行為を楽しむためにも、ラブグラを飲むと決めているときはアルコールを避けることが大切です。
基本的に、性行為をする1時間前を目安にラブグラを飲むと、ちょうど性行為のときに膣分泌液が分泌されるようになり、不感症の悩みも軽減されます。