• ホーム
  • レビトラはジェネリックでも効果が変わらない?

レビトラはジェネリックでも効果が変わらない?

笑顔のカップル

EDに悩まされている男性は少なくありません。
しかし誰かに相談するのが難しい悩みであるため、1人で悩み続けてしまうものです。
早くEDの悩みから解放されたいなら、医療機関で専門的な治療を受けることが欠かせません。
医療機関を受診すれば、症状改善の効果が期待できるED治療薬を処方してもらえます。
ただし、ED治療薬は基本的に価格が高めなのが難点です。
お金に余裕がない人の場合、EDの悩みから解放されたいと思っていても、なかなか治療に踏み切れなくなります。

ED治療薬として有名な薬にレビトラがありますが、実はレビトラにはジェネリックもあるのです。
ジェネリックを選ぶようにすれば、レビトラと比べて安い金額で入手することができます。
安価だと品質に不安を感じてしまう人もいますが、ジェネリックの場合は心配無用です。
ジェネリックというのは、本来の製品と同じ成分から作られる薬なので、基本的に本来の薬と同じ品質が維持されています。
特許が切れて開発費を安く抑えられることが、ジェネリックの価格が安い理由です。

使われている成分が同じである以上、レビトラを使ってもジェネリックを使っても期待できる効果は変わりません。
最終的には服用する人の好みで決める問題だといえます。
お金の余裕がない人であれば、少しでも安く済ませられるジェネリックを選ぶ方がよいです。

ただし、日本国内ではレビトラのジェネリックが開発されていません。
なぜなら、日本国内ではレビトラの特許がまだ切れていないためです。
レビトラのジェネリックは海外で作られています。
具体的にいうと、医薬品の特許に関する制度が日本とは異なるインドで開発されたのです。
レビトラと同じ成分のバルデナフィルを用いているため、レビトラと同じ効果が期待できます。

バルデナフィルを使っていることは同じでも、製法は異なっていることに注意しなければなりません。
服用する際は、成分だけでなく製法などの細かい部分まで確認することが必須です。

レビトラのジェネリックでも副作用に気をつける

レビトラのジェネリックには複数の種類があります。
そのため、初めてED治療薬を使おうとしている人は、どれを選べばよいかが分かりにくいです。
なんとなく良さそうだという印象だけで決めてしまうと、思わぬトラブルにつながりかねないため注意しなければなりません。
ED治療薬に限らず、医薬品というのは副作用が起こるリスクが極めて高いのです。
安易な気持ちで服用すれば、副作用のリスクは高まってしまいます。

レビトラのジェネリックの種類は、バリフ・ビリトラ・ジマトラ・ジェビトラなどです。
バリフ・ビリトラ・ジマトラ・ジェビトラのいずれも、使われている有効成分はバルデナフィルで、レビトラと共通しています。
価格については、ジェネリックということでレビトラよりも安価になっているのが特徴です。

よく知られているレビトラのジェネリックはバリフ・ビリトラ・ジマトラ・ジェビトラの4種類ですが、これが全てというわけではありません。
ジェネリックに多くの種類があることが、レビトラの大きな特徴だといえます。
どれを選ぶかは医師と相談しながら決めることになるのですが、副作用のリスクを伴うことについては全てに共通しているのです。
しっかりと認識した上で服用しなければなりません。

レビトラやジェネリックを服用したときに起こりうる副作用には、頭痛・動悸などがあります。
これは、レビトラに血管を拡張させる作用があるのが原因です。
頭痛などの副作用がひどくなると性行為に支障が出てしまい、ED治療薬を飲む意味がなくなってしまいます。
我慢できないレベルの頭痛が起きた場合は、頭痛薬などを併用することも可能です。
いつまでも症状が改善しないときは、医師の診察を受けなければなりません。