• ホーム
  • バイアグラはジェネリックでも効果が変わらない?

バイアグラはジェネリックでも効果が変わらない?

多様な薬が乗っているお椀

バイアグラは勃起不全のためのED治療薬です。
効果や効能として男性器の勃起をサポートすることになり、バイアグラの有効成分シルデナフィルはPDE-5の作用を抑制する効果があり、これによって強く働き過ぎているPDE-5の働きは弱めることができます。
環状グアノシン一リン酸が元の働きを取り戻し、その結果男性器は勃起できることが可能です。
基本的にバイアグラの効果はPDE-5抑制になるので、あくまで正常な勃起をサポートするもので、飲めば勃起するわけではありません。
正常な働きをサポートする治療薬になるので、性的快感や興奮などによって勃起することになります。

バイアグラは水やお茶・アルコールといったいろいろなもので服用することができますが、牛乳などの乳脂肪が含まれている飲料を利用して服用するのはおすすめできません。
乳脂肪が含まれている場合、薬の吸収などを妨げるケースがあるので、特に理由がない限りは水やぬるま湯での服用が良いでしょう。
バイアグラにはいくつか副作用があり、例えばめまいや顔のほてり・頭痛などがあげられます。
これらの副作用はバイアグラの服用から血行が良くなったり、血圧が低下したことから引き起こされます。

バイアグラ効果が現れた確証でもありますが、人によっては血行促進が全身におよぶので鼻粘膜の充血から鼻詰まりになったり鼻血を出すこともあるでしょう。
消化管の充血などによる消化不良といった症状も現れることもあるので注意が必要です。
目の充血や動悸・色覚変化も起こることがあり、一時的な症状なのでそれほど心配する必要はありません。

酷い症状が現れた場合は医師に相談することをおすすめします。
バイアグラは特許期間が切れたことによっていろいろなシルデナフィル成分が含まれたジェネリック医薬品がリリースされました。
カマグラゴールドやスハグラ・シラグラなどがありますが、インターネットなどを利用するとジェネリックということでリーズナブルな価格で購入することが可能です。

バイアグラのジェネリックでも副作用に気をつける

ED治療薬の値段は高くなかなか購入できないという人もいるでしょう。
毎月の負担は小さくないので負担を少しでも減らしたいものです。
コストを抑えるならバイアグラのジェネリック医薬品がおすすめです。
ジェネリック医薬品は特許が切れた薬になります。
特許期間中は医薬品の技術などを自由に使用することができないので、ジェネリック医薬品を作ることができません。

しかしバイアグラの特許が2014年に切れたため、現在ジェネリック医薬品を自由に作ることができるようになりました。
2014年以降、世界中にある多くの製薬会社がジェネリック医薬品を作っていて、国内のクリニックにおいていくつか種類が扱われています。
ジェネリック医薬品は先発医薬品と比較すると価格がかなり低下しているので、費用負担をかなり少なくすることができるでしょう。
バイアグラジェネリックによってED治療薬は更に利用しやすくなりました。
尚、バイアグラジェネリックの薬価は定まっておらず自由診療にあたるので、クリニックによって値段が異なるようになります。

バイアグラのジェネリックはバイアグラと同様の成分で作られていてシルデナフィルが配合されています。
同じ目的のため作られていて、基本的にバイアグラと同じ効果を期待することができ、同じ副作用があります。
いろいろな種類がありますがカマグラゴールドやスハグラ・シラグラなどは有名で、幅広い世代の人が利用している人気の治療薬です。
但し、ジェネリックはバイアグラと同じ製造プロセスではないので、細かな部分においてやや効き目に差が現れることもあり形状や色などが異なります。
有効性試験において先発医薬品と比較すると同一成分の薬になっているので、同様の効果が確認されています。