• ホーム
  • シアリスはジェネリックでも効果が変わらない?

シアリスはジェネリックでも効果が変わらない?

抱き合っているカップル

シアリスの最大の特徴は持続力の長さで、一度服用すると最大36時間も勃起しやすい状態が続きます。
ほかのED治療薬は5時間から8時間くらいが限度なので、圧倒的な長さが魅力で使いやすいと好評です。
しかし、正規品のシアリスは値段が高いことやクリニックで診察を受けて処方してもらわなければいけないのがハードルになるため、使いたくても迷ってしまいます。

そんなときは安価に手に入るシアリスのジェネリックがおすすめで、いろいろな種類が販売されています。
主成分はどれでもシアリスと同じタダラフィルで、代表的なジェネリックにはメガリス、タダリス、タダポックスやタダシップなどがあります。
どの種類を選んでも効果は同じで、服用後に3時間くらいで勃起が始まって最大36時間続きます。

シアリスは金曜の午後に飲むと日曜の夜までずっと効果が続くため、「ウィークエンドピル」として知られています。
メガリスやタダリスも同様で、強力な勃起サポート効果が得られます。
タダラフィルは体内で緩やかに作用する成分なので、飲んですぐに勃起するような即効性はありませんがその分持続力が抜群なので使いやすいと言われています。

今までのED治療薬は血中に溶け込ませる必要があるので、胃の中を空にしておかないと効果が発揮できないのが問題でした。
しかしシアリスは食事の影響を受けにくい性質があるので必ずしも空腹で服用する必要はなく、食後でも使えるのがメリットです。
タダポックスやタダシップなどジェネリックでも効果は同じなので、食事のタイミングを気にせずに服用することができます。

セックスをするかしないかはっきりしない日や、デート中に薬を飲むのを見られたくないときはあらかじめシアリスを飲んでおけば安心して出かけられます。
ジェネリックも同じ効果が得られるので、安価に購入できて自然な勃起が楽しめます。
通販で買えば誰にも知られず欲しい薬が手に入るので、気軽に使ってみましょう。

シアリスのジェネリックでも副作用に気をつける

即効性のあるED治療薬だとめまいがしたり顔が火照って真っ赤になってしまったり、動悸や息切れ、頭痛や心拍数の上昇など副作用が気になる問題があります。
シアリスは遅効性なので急激に体調が変化することはほとんどなくて、ほかの薬に比べると副作用が少ないのが特徴です。
それでも人によっては筋肉痛や全身のだるさなど、ある程度の副作用が起こることがあるので知っておきましょう。

メガリスやタダリスなどジェネリックでも有効成分がタダラフィルなので同様の副作用が出る可能性があります。
ほとんどの場合は数時間で自然に体調が元通りになって普通に性行為を行えますが、体質やその日の体調によっていつまでも症状が改善されなかったり、気分が悪くなることもあります。
シアリスのジェネリックを服用して異常が気になるときは、速やかに専門家の診察を受けることが必要です。

ジェネリックは安価なのでついたくさん使ってしまいがちですが、正しい使用法を守らないと危険な副作用が出たり健康を害する恐れがあります。
また、ジェネリックにもタダラフィルの含有量がことなる種類のパッケージがあるので自分の体の大きさや得たい効果によって使い分けましょう。
いきなり含有量の多いものを服用すると副作用が起こりやすいため、まずは少なめの量で試してみて体質に合っているか調べるのがおすすめです。

正しく使えば強力な勃起サポート効果と持続力が得られるシアリスは、ジェネリックも種類が豊富で人気があります。
食事のタイミングを気にせず飲めるので初心者にも扱いやすくて、一日中自然な勃起が楽しめますが、人によって筋肉痛や倦怠感、軽い頭痛などいくつか副作用もあるので確認しておきましょう。